search
top

一戸建てを賃貸に出す手順について

転勤などで自分が住んでいる一戸建て住宅を長期不在にすることが決まった場合、家賃収入を得たり、家が傷むことを防ぐなどの目的で、自分が不在にしている期間、その一戸建てを他人に有償で貸す、という選択肢があります。それでは、一戸建てを賃貸に出す場合、どのような手順で進めていけばよいのでしょうか。まずは、家賃、敷金、礼金などの賃貸条件を考えましょう。家賃の地域相場が不明な場合は、不動産屋さんに相談してみてもよいでしょう。また、何年間貸すのかという期間も必ず決めておく必要があります。だいたいの賃貸条件を決めたら、不動産会社を決めましょう。賃貸管理業務を行う不動産屋と、賃貸仲介業務を行う不動産屋があります。管理をしてくれる不動産屋を選んだほうが、自分の負担は軽減できると言えます。家賃の督促や、住人のクレーム対応等を全て自分で行うのは大変な手間です。尚、家を貸す場合いくつか注意しなくてはならない法律もあります。例えば、家を空ける理由はやむをえない理由である必要があったり、一定期間を過ぎた後に賃貸人が再び居住することが明らかである必要があったり、等です。無条件にどのような一戸建てでも賃貸に出せるわけではないので、事前にきちんと法律も調べておきましょう。

三鷹市にある新築の一戸建て賃貸物件

皆さんは「賃貸」と聞くと、アパートやマンションの賃貸を連想するかもしれません。もちろんそれも数は多いのですが、それ以外にも賃貸物件というのはあります。中でも今回紹介したいのは、一戸建ての賃貸です。例えば、「この土地に長く住むわけではないので賃貸にしたい。しかし自分は妻も子供もいて、マンションやアパートでは少し手狭だし、お隣に気を使って生活しなければならない。それならば一戸建てを賃貸しよう」という方もいるでしょう。今回紹介するのは、新築の一戸建て賃貸です。早速見て行きましょう。まずは場所です。場所は東京都の三鷹市です。最寄り駅は吉祥寺駅です。間取りは3LDKで賃料は月160000円です。敷金礼金が1か月分かかります。面積は71平方メートルです。まず2階から見て行きましょう。4つ角に洋室が3つとウォークインクローゼットがあります。1階は共有スペースでリビングダイニングキッチンとお風呂、そしてトイレがあります。

一戸建てを賃貸して不動産収入を得る。

賃貸収入を得る目的で不動産投資を行うことがサラリーマンの間では人気である。中古ワンルームマンションで賃貸収入を得て、副収入にすることが目的らしい。不動産投資は何もワンルームマンションばかりではない。意外なところでは一戸建てを賃貸に出すということもありである。東京都心であると、そもそも一戸建てが少ないため、イメージが掴みにくいが、郊外に行くと、なんとも大きい一戸建てを、格安で貸していたりすることはよくあることだ。また、最近では一戸建てをシェアハウスのようにして貸すこともあるそうだ。資産運用という観点からみた場合には一戸建ての賃貸というのは向かないような気がする。自分でどうすれば賃借人が付いてくれるかということを考えながら、運用を行っていかなければならないからだ。これに比べてワンルームマンションは管理会社任せで、オーナーはほとんどやることがないのである。事業として行うのであれば一戸建ての賃貸も面白いと思う。

転勤中に自宅一戸建てで賃貸収入を得る方法について

サラリーマンの中には、業務内容によっては全国各地への転勤の多い人もいると思います。せっかく首都圏に一戸建て住宅を購入しても、急な転勤で地方に行く必要が出る場合もあると思います。その場合に、せっかく購入した自宅一戸建てを空き家のままにしておくのは非常にもったいないのも事実です。そこで不動産会社が行っている、リロケーションサービスを利用することをオススメします。たとえば転勤で地方で勤務する期間が3年間とわかっている場合には、不動産会社のリロケーションサービスを利用して3年間だけ賃貸住宅として貸し出すのです。仲介業務や家賃の徴収などの煩雑な作業はすべて不動産会社が行うので、手間がかからない点が大きなメリットです。しかも手数料を差し引いて、家賃収入も入ってくる点が最大の魅力と言えます。また不動産会社が家賃の滞納保証や明け渡し保証も行っているので、数年単位の期間であっても安心して賃貸に出すことも出来るのです。

一戸建ての賃貸について

一戸建てとはひとつの敷地内に世帯が居住する建物のことですが、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有し借りて居住する一戸建ての賃貸住宅があります。一戸建ての賃貸の場合、色々な住居の形があり、洋風、和風などは勿論ですが、二階建てや平屋、庭付き、車庫、物置付など外観、内装が普通の一般家庭と比べても全然見劣りすることなく快適に過ごすことが出来ます。今では当たり前になっているようですが、だいぶ前の賃貸住宅は、カーテンレールや照明、網戸などは借りる側で用意するものでした。そして引っ越す際はまた取り外さなければならず、次の賃貸住宅で使えなければ、また買い替えて、使えない物は捨てるしかなかったので、お金がかかりました。その為、転勤族などで引っ越しが多い人は引っ越し貧乏なんて言われたことがありました。引っ越しのたびに買い替えるものが多くお金がかかりましたから、仕方ないですね。今では殆どが備え付けてあるのでだいぶ便利になりました。

top